彼氏に指摘されて、恥ずかしかったです

鼻の下に生えてくるムダ毛って、処理を忘れがちですよね。腕や足はこまめに脱毛に通っているのですが、これまではそれほど鼻下の処理が重要だと思っていなかったんです。
そうしたらある時、彼氏に「鼻の下にひげが生えてるよ」と指摘されてしまったんです。すごく恥ずかしい思いをしました。慌ててカミソリで剃ったんですけど、肌がカミソリで負けてしまって、赤くヒリヒリした状態になってしまいました。みっともなくなってしまい、その日はマスクをして仕事をする羽目になってしまったんです。
その時、初めて鼻の下のムダ毛処理を意識しました。体のムダ毛処理は脱毛サロンでやってくれますけど、鼻の下の処理は、やってくれる所とやってくれない所があります。わたしが通っていたサロンは顔は脱毛できないとのことだったので、新しくサロンを探さないといけないです。
顔は、他人と対面したときに一番に目につく箇所なので、できるだけキレイにしておきたいです。http://xn--eckrt0pna2d5898ab7bou5e.com/

お前、ゴリラみたいだな

お前、ゴリラみたいだなの一言を彼氏に言われました。
お風呂上りに、タオルで体を拭いていた時の腕が体毛だらけだったことから言われました。
最初は、冗談で言ってるのかなとわらってごまかしていましたが、それからは毎晩言われ続けました。

とても傷ついてしまい、それからは、彼氏に見られるような時は、前日から3時間くらいかけて全身をくまなく剃るようになりました。
その結果から、日に日に剃刀負けが凄くなりました。
剃れば剃るほど赤く腫れ上がり、肌が傷ついてしまいました。
炎症がひどくなり、シャワーするのもひりつく感じになりました。
半袖を切れなくなり、夏でも多少の暑さなら、長袖で生活するようになり、腕を隠すようになりました。

生えてきた毛を見られたくないとの思いが大きくなり、彼との関係も悪化しました。

彼とは別れたくないけど、毛はなくならないし、どうしようと考えた結果、時間もかかるし、肌も痛むので、腕の脱毛をしたいなと考えるようになりました。出張や移動が多い方は、脱毛ラボだと楽です

バカ丁寧すぎる注意書き

最近、当たり前なご丁寧な注意書きをよく目にする。コンビニで温かいコーヒーを注文すると渡されるコーヒーカップには、熱いいので火傷にはご注意くださいとか、ホットコーヒー頼んでいるんだから熱いの当たり前なのに、わからない人がいるのでしょうか?缶詰を買えば、缶の口で手を切らないようにお気をつけくださいとか、お菓子の袋にも袋の口で手を怪我されませんようにお気をつけくださいなど、わかり切ったことを丁寧に教え知らせてくれている注意書きを沢山見ます。もし、これらを書かなかったら、怪我したじゃないか!とでも言われるのだろうか??
そんな、ある日、私は、宅配で冷凍さんまを買った。さんまが10匹入って、発泡スチロールに入って届いた。丁寧に梱包してある上のテープをはがし蓋を開けたら、注意書きが書いてある紙が入っていた。その紙に「さんまは魚なので骨がございます。万が一骨がささる場合がございます。お気をつけてお食べください」と書いてあってビックリした。今どき、骨をとって開きにした冷凍の魚も良く出回っているが、丸さんまと知った上で買って、骨があったじゃないか!という人がいるのでしょうか?魚を食べて、骨刺さったじゃないか?と文句を言う人がいるのでしょうか?日本はそんなことまで言ってあげなくては、理解できない人が増えたのでしょうか?なんだか大丈夫かなとしばらく注意書きを見ながら心配になってきた。