突然感じたワキの下

普段から、季節を問わず汗かきだった私。一応エチケットとして、外出時には汗ジミに気をつけるのは基本として、額を伝う汗をこまめに拭き取るなどの身なりは気をつけていたつもりでした。
ところがある日突然、通勤電車の車内でなんともいえない強烈な臭いに襲われました。それは明らかに自分の中から発せられているようなのですが、一体何が臭っているのかわからず、でも通勤時間ギリギリの電車に乗っていたために途中下車もできず、少しパニックになりつつなんとか最寄り駅まで耐えました。
電車を降りて、ふと衣服をみると、緊張と電車内の熱気で汗びっしょり、何気なくワキ汗が気になり、ハンカチを拭ってみたところ、あの強烈な臭いが。そう、その臭いとは、ワキ汗が原因だったのです。しかも、よーくみると脇毛がボーボー、そんなひどい脇環境で、汗で蒸れた体が臭わないわけがありません。
というわけで、それまであまり気にしていなかった脇毛をなんとかしたい、と思い立ちました。
一番簡単なのはカミソリで剃る、ということでしたが、お肌への影響を考えると、時間がかかってしまってもやはり、脱毛がお肌への負担もすくなくいいのかなと思います。xn--tckueu63hd9ets7a8i0aiua.xyz

明るいところでみたら口周りにヒゲのような産毛が

朝化粧をして職場に行き、仕事を始める前にお手洗いで鏡を見たときに口周りに毛が気になったことがあります。
いわゆる男性でいうヒゲの部分なのですが、女性でも産毛が生えますよね。
きちんと処理をしていたつもりだったのですが、自宅で化粧をした時には照明の関係で気づかなかったんです。
会社のお手洗いの明るい照明の下でみたら気になってしまいました。
その段階で処理をできるようなカミソリも持ち歩いていないですし、このままコンビニに行ったら遅刻してしまうし、
休憩時間になるまで仕事より口周りの毛が気になってそわそわした経験があります。
仕事がらお客様と顔が近づくこともあるのでお客様の視線がきになったりしてマスクをしたいくらいでした。
部位が小さいので自分で剃ればいいじゃん!と思って脱毛していなかった口周りですが
やはり気を付けていても「うっかり」ということがあるのだなと反省しました。
口周りの脱毛は肌が薄いところなのでとても痛いと聞いたことがありますがまたうっかりしていたら仕事が手につかなくなてしまいそうなので
近々脱毛サロンを訪ねてみようと思います。http://xn--j-dfuwfna1c9949aec9apx9a.com/

意外と見落としがちな指毛

人間は様々な場所に毛が生えています。
それは身体を保護する為に仕方のないことですが、女性としてはあまり喜ばしいことではありません。

私も日々熱心に処理をしていますが、なかなかすべての毛をなくすことは難しいです。
中でもよく処理し忘れるのが指の毛。これが意外に目立つのです。

例えば外出をして紙などに何かを記入をしなければならなくなった時、
ペンを持つ手をふと見ると指毛がボーボー。
受付の方にばっちりと見られてしまいました。

そんな恥ずかしい思いを何度も繰り返しているにもかかわらず、
処理を忘れてしまうのです。

こんなことならいっその事脱毛をしてしまいたいと思うのですが、
サロンや医療脱毛は予約が取りにくい上にお金がかかるしなかなか手が出ません。
けれども脱毛クリームなどは肌が荒れてしまいそうだし、
結局はシェーバーで処理することになるんですよね。

もう少し脱毛サロンが身近で安心して利用できる場所になればいいのですが、
そうなるまで私が指毛で恥ずかしい思いをすることは減らないのでしょう。背中のムダ毛は、エステサロンの方が向いているようです

彼氏に指摘されて、恥ずかしかったです

鼻の下に生えてくるムダ毛って、処理を忘れがちですよね。腕や足はこまめに脱毛に通っているのですが、これまではそれほど鼻下の処理が重要だと思っていなかったんです。
そうしたらある時、彼氏に「鼻の下にひげが生えてるよ」と指摘されてしまったんです。すごく恥ずかしい思いをしました。慌ててカミソリで剃ったんですけど、肌がカミソリで負けてしまって、赤くヒリヒリした状態になってしまいました。みっともなくなってしまい、その日はマスクをして仕事をする羽目になってしまったんです。
その時、初めて鼻の下のムダ毛処理を意識しました。体のムダ毛処理は脱毛サロンでやってくれますけど、鼻の下の処理は、やってくれる所とやってくれない所があります。わたしが通っていたサロンは顔は脱毛できないとのことだったので、新しくサロンを探さないといけないです。
顔は、他人と対面したときに一番に目につく箇所なので、できるだけキレイにしておきたいです。http://xn--eckrt0pna2d5898ab7bou5e.com/

お前、ゴリラみたいだな

お前、ゴリラみたいだなの一言を彼氏に言われました。
お風呂上りに、タオルで体を拭いていた時の腕が体毛だらけだったことから言われました。
最初は、冗談で言ってるのかなとわらってごまかしていましたが、それからは毎晩言われ続けました。

とても傷ついてしまい、それからは、彼氏に見られるような時は、前日から3時間くらいかけて全身をくまなく剃るようになりました。
その結果から、日に日に剃刀負けが凄くなりました。
剃れば剃るほど赤く腫れ上がり、肌が傷ついてしまいました。
炎症がひどくなり、シャワーするのもひりつく感じになりました。
半袖を切れなくなり、夏でも多少の暑さなら、長袖で生活するようになり、腕を隠すようになりました。

生えてきた毛を見られたくないとの思いが大きくなり、彼との関係も悪化しました。

彼とは別れたくないけど、毛はなくならないし、どうしようと考えた結果、時間もかかるし、肌も痛むので、腕の脱毛をしたいなと考えるようになりました。出張や移動が多い方は、脱毛ラボだと楽です

バカ丁寧すぎる注意書き

最近、当たり前なご丁寧な注意書きをよく目にする。コンビニで温かいコーヒーを注文すると渡されるコーヒーカップには、熱いいので火傷にはご注意くださいとか、ホットコーヒー頼んでいるんだから熱いの当たり前なのに、わからない人がいるのでしょうか?缶詰を買えば、缶の口で手を切らないようにお気をつけくださいとか、お菓子の袋にも袋の口で手を怪我されませんようにお気をつけくださいなど、わかり切ったことを丁寧に教え知らせてくれている注意書きを沢山見ます。もし、これらを書かなかったら、怪我したじゃないか!とでも言われるのだろうか??
そんな、ある日、私は、宅配で冷凍さんまを買った。さんまが10匹入って、発泡スチロールに入って届いた。丁寧に梱包してある上のテープをはがし蓋を開けたら、注意書きが書いてある紙が入っていた。その紙に「さんまは魚なので骨がございます。万が一骨がささる場合がございます。お気をつけてお食べください」と書いてあってビックリした。今どき、骨をとって開きにした冷凍の魚も良く出回っているが、丸さんまと知った上で買って、骨があったじゃないか!という人がいるのでしょうか?魚を食べて、骨刺さったじゃないか?と文句を言う人がいるのでしょうか?日本はそんなことまで言ってあげなくては、理解できない人が増えたのでしょうか?なんだか大丈夫かなとしばらく注意書きを見ながら心配になってきた。